イギリス英語・発音を勉強している人に欠かせない「ケンブリッジ・オンライン辞書」


私が個人的によく使うオンライン辞書はWeblio、そしてDictionary.com。

いつでもスマホで分からない単語を検索すればWeblioが出てきますし、Dictionary.comではより正確な意味合いや発音を確認したい時に使っています。

現在第二言語として英語を勉強する人々にとって、アメリカ英語を学ぶのが主流であるのを反映するかのように、日本のオンライン英和辞典の発音はほとんどがアメリカ英語の発音となっています。

でも、「私はイギリス英語を勉強しているんだ。」という人にはアメリカン・アクセントの辞書で発音を単語を覚えていては、大変。

アメリカ人にとって“洗練された”響きを持つイギリス英語がアメリカ英語とごっちゃまぜになってしまいます。

ということで今回はイギリス英語を学んでいる人に役立つこと間違い無い、ケンブリッジ・オンライン辞書を紹介します。

ケンブリッジ・オンライン辞書で
イギリス英語の発音をチェック

ケンブリッジ・オンライン辞書ってご存知でしたか?

ケンブリッジ・オンライン辞書は無料で利用できるオンライン辞典で、イギリス英語辞典やアメリカ英語辞典、ビジネス英語辞典、英和辞典、英仏辞典、英独辞典など、多数の辞典をオンラインで無料公開しています。

私にとってケンブリッジ・オンライン辞書の一番のお気に入りは、イギリス英語とアメリカ英語の発音を同時に確認できる点です。

発音記号と同時に簡単にイギリス英語とアメリカ英語を聞くことができます。

ケンブリッジ大学出版の辞書をオンライン化したため、イギリス英語の発音が基本で、単語によってはアメリカ英語の発音が無いため、全ての単語で比較ができるわけではありません。

しかしイギリス英語を勉強している人にとってしっかりブリティッシュ・アクセントを学ぶことのできる、貴重なオンライン辞書だと思います。

もう1つのメリット。英英和辞典で英語力をアップ!

ケンブリッジ・オンライン辞書のもう1つ良いところは英和辞典が日本語で最低限の説明しかなく、英語での説明も並記されているという英英和辞典の形を取っているということです。

英英辞典を読んで理解するのにはある程度の語彙力が必要ですが、自然なニュアンスや意味を覚えることができたり、一度に多くの単語に触れることによって英語に慣れたりと、中級以上の学習者にとってはぜひ活用して欲しい辞典です。

その点、英英和辞典は英語だけでなく日本語での説明もあるので、英語だけでは少し理解が難しいと言う場合も安心して使うことができます。

例えば、考古学を意味するarchaeologyという単語の説明では、

the study of people from long ago by looking at things such as their buildings and tools
考古学

と言った形で英語での説明と簡単に日本語での説明があります。

Dictionary.comなどの普通の英英辞典のほうが説明が多いので理解しやすいと思いますが、少しずつ英英辞典に触れてみたいと考えている人にはおすすめの、ケンブリッジ・オンライン辞書の英英和辞典です。

※単語によっては日本語の説明が無いので、英和辞典になる場合もあります。

まとめ

ハリウッド映画や音楽の影響で、第二言語として英語を学ぶ場合はアメリカ英語を選択する場合が一般的だと思いますが、イギリス英語が好きという人もいると思うので、発音の確認にケンブリッジ・オンライン辞書を使うのがおすすめです。

オンライン無料化されたケンブリッジ・オンライン辞書ですので、気軽にスマホやPCでどこでも使うことができるのが嬉しいところ。

ぜひブックマークしているオンライン辞書の1つに加えてみてください。